埼玉方面 (4)

秩父の夕陽を見に

リトリートフィールドMAHORA稲穂山

この投稿をInstagramで見る

kawasemi(@kawasemilogue)がシェアした投稿

 

Mahora に戻る

埼玉方面 に戻る

最近の記事 に戻る

 

チタンのタンブラー

山逢の里オートキャンプ場

この投稿をInstagramで見る

kawasemi(@kawasemilogue)がシェアした投稿

 

山逢の里 に戻る

埼玉方面 に戻る

最近の記事 に戻る

 

Mahoraでキャンプ

リトリートフィールドMahora稲穂山

この投稿をInstagramで見る

kawasemi(@kawasemilogue)がシェアした投稿

 

Mahora稲穂山 に戻る

埼玉方面 に戻る

最近の記事 に戻る

名栗川で出会ったケニーズ

 

埼玉にあるケニーズと言うキャンプ場。

今まで名前すら知らなかった。名栗川沿いにあるCAZUキャンプ場で紹介してもらい、何となく着いてしまったキャンプ場。

 

まず、本日のお酒のおつまみ。燻製の定番、スモークチーズと餃子。さしたる料理じゃないけど、日本酒とめんつゆベースの大ざっぱな調味液に浸けた餃子がうまい。 自分では評判なんだけどな(笑)。

日曜日に埼玉の所沢に所用があったので、そっち方面でキャンプしようかと最初かんなの湯に電話してみた。ところが、「今は寒いのでお断りしている」との事。HPでは年中無休のはずだが、お風呂の営業が年中無休と言う事か?(笑)。「どうしてもキャンプしたかったら、近くに○○公園があるよ」との事。公園名は聞き取れなかった。その公園も面白そうだが、幸先が悪いので遠慮し、それならCAZUキャンプ場に行くべと混み具合も訊ねずに老体ボルボを走らせた。

首都高、中央道、関越と高速を乗り継いで、横浜から何と1時間30分で到着。しかし、いくら走行時間が短くても、いつもと変わらず出足が遅い。当然河原の自由サイトは満員御礼。仕方がないので空いている区画サイトにしようかと迷ったが、お値段と区画の広さでこれも断念。で、ケニーズキャンプ場を紹介してもらった次第。

 

正式名は、ケニーズ・ファミリー・ビレッジ。お名前からして、ひとりでおじゃまするには場違いな感じ。なるほど、ブラウザのお気に入りに登録していないわけだ。ま、ソロキャンお断りじゃないと思うけど、「えっ、おひとりですか?」と、管理人さんに上目遣いで言われそう(笑)。

CAZUキャンプ場から名栗川沿いを車で5分。ACサイトやログハウスを備えた全48区画(多分そのくらい)のキャンプ場。夏にはファミリーでかなり賑わいそうだ。なんせファミリーのビレッジだもんね(笑)。

最下段の河原サイト。夏場には水遊びの子供たちで賑わうだろう。
最下段の河原サイト。夏場には水遊びの子供たちで賑わうだろう。

先客が2組。当然空いているので歓迎された(と思う)。ただいまバリューシーズンなので、サイト使用料3000円。施設利用料が大人ひとり700円。これに薪代5束をプラスをすると圧倒的にCAZUキャンプ場の区画サイトの方が安い。

ここのサイトは最上段のACサイトから河原に向かって3段に分かれている。河原だけで20区画もある。しかも広めの区画は幅が10m以上ありそうだ。

大型のテントが設営できる広さ。坂を上ると中段のサイト。
大型のテントが設営できる広さ。坂を上ると中段のサイト。

この広さだったら、ひとりファミキャンのボルボとTentipiがすっぽり入る。お値段はソロには高めだけど、薪は自前(いざと言う時のために3束積んできた)を使うことで、今夜の宿に決定。

中段のサイト。区画からはみ出さない。律儀(笑)。
中段のサイト。区画からはみ出さない。律儀(笑)。

 

ただ、河原でのテントの設営は諦めた。ソリステ30のペグでは効かないのだ。ソリステ50ならOKかな?と思ったが持ち合わせがない。周囲20cm程の穴を掘って打とうかといろいろ悩んだが、こんなにサイトがガラガラなわけだから、ひとつ上のサイトにあっさり移動。そこは豆砂利をタイヤローラーで固めたような地面なので設営可能。でもちょっと駐車場みたいだな(笑)。

 


続きを読む