最近の記事

トーシツ・セーゲン

ふもとっぱらオートキャンプ場

 

昨年、いろんなところで「トーシツ・セーゲン」という言葉を聞いた。

試しに近くのイオンでコンニャクラーメンを買って食べてみたら結構イケルじゃんと思ってしまった。

それで、2019年7月の初め、もし途中でガンバローと使命感みたいなものが出てきたらやめようというヤワな気持ちで「トーシツ・セーゲン」をスタート。毎日コンニャクばかり食べてたわけじゃないけど、ちょうど2ヶ月程経った8月の終わり頃、なんと20kgも痩せてしまった。

それ以降もゆるやかな速度で減量中。2020年を迎えた現在、トータルで25kg減。

正しいダイエット方法かどうかは分からないが、ちゃんと睡眠も取れているし、以前よりは便通もある。食事もいろいろ工夫してるのでストレスもない。これが健康ってやつかな。今までどんだけ不健康だったんだ(笑)。

 

この感じが長続きするよう、霊峰富士のお山のパワーをたくさん浴びて帰ろう。

今日は天気がいい。

 

 

 

ふもとっぱら に戻る

富士山方面 に戻る

最近の記事 に戻る

 

 

梅雨入り前の青野原

青野原オートキャンプ場

 

令和元年の梅雨入りは6月8日頃だそうだ

今年はゲリラ豪雨も多いらしい。

6月8日は来週の土曜日。

当分土日は雨模様か

・・・・。

 

 

 

ジェントスのEX-1300D。

これをなんとか逆さに吊りたい。

 

 

交差させた2本のガイロープを

くびれ部分に取付けたホースバンドで締め付けた。

バンドの金具の下には板ゴムを巻く。

そう簡単にははずれそうにない。

たぶんこれで大丈夫だろう。

 

 

 

青野原 に戻る

道志方面 に戻る

最近の記事 に戻る

 

 

5年ぶりの富士の夜明け

 

 

2019年4月。今月いっぱいで

「平成」が終わる。

 

来月5月から始まる新しい舞台

「令和」。

 

どんな舞台になるんだろう。

 

座って眺めているばかりじゃ

前に進めないな。

 

 

 

 

ふもとっぱら に戻る

富士山方面 に戻る

最近の記事 に戻る

 

 

キャンプのキッチンペーパー

キッチンペーパー。

家庭ではロール型を使っているが、キャンプでは箱型を使っている。

キャンプでも最初はロール型で、ホルダーをいろいろ工夫して使っていたが、いつの間にか箱型に落ち着いた。

ペーパーを取り出す時、箱型は片手で処理が出来るし、ペーパーが風になびくこともない。

どうもキャンプでは箱型の方が使いやすいようだ。 

で、箱をそのままむき出しで使ってもいいが、ちょっと遊びごころでカバーを付けてみた。

たぶんそれ専用のケースやカバーはあると思うが、現在お気に入りなのは、アメリカン雑貨のコットンのティッシュカバー。それを箱に装着して楽しんでいる。

 

色取り取りの絵柄やコットンの質感が、殺風景なひとりもんのキャンプサイトを和やかな気分にさせてくれる。

 

続きを読む

スパイスボックスとボトル

コーヒー豆の抽出用に、iwakiの計量カップを購入した際、同社のスパイスボトルのデザインが面白かったので、家庭用にと一緒に購入した。

 

スパイスボトルは、デザインや使い勝手はもちろんだが、湿気具合や耐久性も選択の基準になる。

その点iwakiのボトルは今のところ不満がない。

 

で、昨年、オークションでもなかなか手に入らないだろうとずっと諦めていた、コールマンの「ステンレス スパイスボックス」が、昭島アウトドアヴィレッジ店のOPEN記念で突然再販されていた。それを今頃になってネットで知った。

 

iwakiのボトルとコールマンのスパイスボックス。

 

この二つを組合わせてみたらどうだろう。ボックスの外側の寸法は分かるのだが正確な内側の寸法は分からない。何となく微妙な感じがする。希望の本数が入らない気がする。ま、ボトル云々よりも、このコールマン。この機会を逃したら当分お目にかかれないような気がするので、このシンプルで美しいスパイスボックスは手に入れておこう。

 

 

続きを読む

森まきで旨い珈琲を淹れる

久々の森まきだ。

森まきどころかキャンプそのものが久しぶりだ。

キャンプとはもう2年くらいご無沙汰している。

 

昨年くらいから、この時期になると花粉症のような症状が出るようになった。

花粉症のような。。。

ううん、これは完璧に花粉症だな。

昨年の春先は咳が出て、今年は初頭から目が痒い。

 

このキャンプで悪化しないかちょっと不安だったが、とりあえずボルボに乗っていつもの場所に向かう。

自宅から森まきまで1時間足らずで到着。

 

ま、2月にしてはそんなに寒くはないが、意外とテントの数が多いのに驚く。

 

続きを読む