最近の記事

本栖湖とバックドアタープ

この投稿をInstagramで見る

kawasemi(@kawasemilogue)がシェアした投稿


 

最近の記事 に戻る

本栖湖キャンプ場 に戻る

ハスラー に戻る 

 

 

ひとり分の車内

ハスラー

この投稿をInstagramで見る

kawasemi(@kawasemilogue)がシェアした投稿


 

・最近の記事 に戻る

・ハスラー に戻る

 

ハスラーで車中泊

ハスラー

この投稿をInstagramで見る

kawasemi(@kawasemilogue)がシェアした投稿


 

最近の記事 に戻る

ハスラー に戻る

 

ハスラーをキャンプ仕様に~テーブル

ハスラー

 

新型ハスラーMR52S

キャンプ仕様に改造してみる。

改造と言っても

いつでも取り外しが出来るように

そう、あまり頑張らない程度に。

 

現在所有しているものとか

市販のものを組合せ

思わぬシンデレラフィットに期待しながら。

 

今度はテーブルを取り付けてみる。

 

結果、こんな感じになった。

 

 

取り外して車外で使用。

 

 

車内での使用は一般的な設置方法。

Z型と凸型の金具を噛ませて取り付ける。

ラゲッジ両脇のボトルキャップをはずして

M6サイズのZ型の金具を取り付け

テーブルには凸型の金具を取り付ける。

 

 

で、問題は車外。

テーブルをどうやって車と連結させるか。

 

うまいことにスノコの下側に隙間があった。

そこにテーブルを出し入れすればいい。

差し込んでもグラグラしないように

テーブルの厚さと幅に合わせて

隙間の寸法を調整する。

 

続きを読む

AERO PRESSで淹れる

珈琲のはなし


 

最近の記事 に戻る

珈琲のはなし に戻る

 

ハスラーをキャンプ仕様に~カーテン

ハスラー

 

新型ハスラーMR52S

キャンプ仕様に改造してみる。

改造と言っても

いつでも取り外しが出来るように

そう、あまり頑張らない程度に。

 

現在所有しているものとか

市販のものを組合せ

思わぬシンデレラフィットに期待しながら。

 

今度はカーテンを取り付けてみる。

 

結果、こんな感じになった。

 

 

最初の構想では

アシストグリップを全部はずし

カーテンレールとして

スペーシアパイプを取り付ける予定だった。

 

でも、ピレーを利用出来ないかと思い

とりあえず試作ということで

加工が簡単で廉価な

塩ビのパイプをカーテンレールとし

カーテンは、市販のカフェカーテンを使う。

カフェカーテンの寸法は100×45cm

それがそのまま使える。

 

 

ピレーでパイプをささえる場合

ピレーに差し込む金具の固定が

なかなか難しい。

なるべく壁を傷つけたくないし。

 

対面の壁を横断させるものを補強すれば

ある程度強固になると思うが

頭上の空間はなるべく広くとりたいし。

 

ま、試作だからと

ネットやホームセンターで金具をさがし

こんな感じで固定してみた。

 

 

写真では隠れて見えないが、

ピラーに差し込んであるのは

M6サイズのクリップナット。

もっと単純でしっかりした取り付け方が

あるんだろうな。

そう思いながら車内4か所に取り付ける。

 

続きを読む

ハスラーをキャンプ仕様に~寝床

ハスラー

 

新型ハスラーMR52S

キャンプ仕様に改造してみる。

改造と言っても

いつでも取り外しが出来るように

そう、あまり頑張らない程度に。

 

現在所有しているものとか

市販のものを組合せ

思わぬシンデレラフィットに期待しながら。

 

先ずは寝床を作ろう。

 

 

とりあえず、車内の寸法を測り

ホームセンターで適当なスノコを買う。

スノコの下には段ボールを敷き詰めた。


助手席はスノコを折り畳んで

座れるようにしておこう。

 

助手席の背面の段差は

木片か、もったいないがマットで埋めてみる。

 

続きを読む

裏丹沢の神之川

神之川キャンプ場


続きを読む

みずがきの大きな壁

みずがき山森の農園キャンプ場

 

目の前に、みずがき山がそびえている

陽に照らされた岩肌

圧倒的な威圧感

 

森の農園キャンプ場Gサイト

そこへ通じる山道を登りきると

この大きな壁が行く手を塞ぐ

 

この壁の頂きから何が見えるんだろう 

この壁を越えると

一体何が待っているんだろう

 

信仰を持たなくても

自然の神聖さがひしひしと伝わってくる

  

みずがき山を背に振り返ると

今日一日がそろそろ終わりかけていた

 

この壁に出会うために来たんだな

と、あらためて思う。

 

 

寒暖差がはげしい晩秋の11月

 

特に最近は

小春日和が小夏日和に

暑い秋だ

 

でも山は確実に冬に向かっている

寒い冬はもうすぐだ

12月は平年並みか

それ以下になりそうだ。

 

 

みずがき山のキャンプ場は

白樺の原生林に囲まれている

 

キャンプ場に近づくと舗装が途切れ

せまく、デコボコな道が続く

 

沢に架かる車幅ほどの橋を渡ると

キャンプ場管理棟が見えてくる

 

神聖な世界への入り口。

 

続きを読む

小春日和の観光農園

観光農園オートキャンプ場

 

11月9日月曜日

今週末も天気予報はキャンプ日和

でも14日は相棒ハスラーの1ヶ月点検

午前中に終えたとしても

それからキャンプとなれば

あまり遠くまで行きたくない

近場と言えば

アクアラインを利用しての千葉

それがダメならやはり道志か

ともかく方々に電話を入れてみる

でも昨今のキャンプブームで

千葉どころか道志も富士も

至るところ満員御礼

一週間以内の予約じゃもう遅いのだ

 

そんな諦めかけていた時

だめ元で電話した観光農園

 

空いていましたね

「もう寒いせいかまだ数組です」

と管理人さん

 

「午後2時くらいにチェックインします」

 

そして14日、観光農園に向かう。

  

 

「とびこみで二組入りましたが大丈夫です」

 

管理人さんがおっしゃる通り

ほんとうに大丈夫だった(笑)

 

川の音しか聞こえない

川側、山側のサイトを合わせても

7、8組だろうか

テントの設営が終わって

みんなひっそりとしている。

 

 

山側サイトにテンゲルを張る

 

まわりは4組

3組はご年配のソロキャンパー

目に見えないパーテンションに守られ

それぞれが自分の世界を築いている

 

動いている音が自然の音に同化して

とても静かだ

 

テントから見える景色を眺めながら

足を伸ばして寛ぐ

 

穏やかな一日を過ごせそうだ。

 

続きを読む

ブルームーンの夜

オートキャンプせせらぎ

 

2020年10月31日

ひと月2度目の満月

ブルームーン

 

31日はハロウィンの日

満月と重なるのは珍しいらしい

 

この日の道志の夜は秋晴れ

冬の星座に囲まれながら

ブルームーンが煌々と輝やく

 

混じりっけのない秋の大気

不純なものが消えていく

       

今回から灯油ストーブを持参

一酸化炭素チェッカーの確認

 

本格的な冬に備えていろいろ準備しよう

  

翌朝、ブルーに冷えた大地を

11月の太陽があたためる

 

そんな光のやわらかさに

水面の落ち葉が青空に映える

 

天候に恵まれた週末の道志

こんなキャンプ、久しぶりだ。

    

 

今回、テンゲルテントの初張り

とにかく前室の広さと高さに感激

灯油ストーブを置いて調理も出来る

コットンテントに比べれば

結露とかいろいろ気になるけど

圧倒的に軽いのがうれしい

広くて軽いのが一番いい

 

今年の冬はテンゲル三昧になりそうだ。

 

 

 

最近の記事 に戻る

道志方面 に戻る

せせらぎ に戻る

 

 

 

四尾連湖のうろこ雲

四尾連湖キャンプ場

 

朝目覚めたら

四尾連湖の上空には

うろこ雲が広がっていた

 

秋ですね

 

四尾連湖のキャンプ予約は中々取れない

平日ならまだしも土日は難しい

 

10月17日の土曜日

どこもかしこも雨予報

前日の金曜日

夕方遅めに電話を入れてみる

運良く予約が取れた

キャンセルが出たようだ

土曜日は一日中雨

 

雨の四尾連湖

 

けむる湖。

 

 

テントの設営が終わって

くつろぎながら

目の前の湖を眺める

やはり雨は降りやまない

 

夜中の1時半

あまりの静けさに目が覚める

雨はやんでいた

 

翌朝の日曜日

晴れないにしても何とか持つらしい

予報が当たれば

 

予報が当たった。

 

 

秋のうろこ雲

 

穏やかな朝だ

 

もう一日休みがほしい

 

ずっと湖を眺めていたい

 

四尾連湖の何がこんなに惹きつけるのか

 

行きかう人みんなに声をかけたくなる

 

自然と優しい気持ちにさせるのだ

 

もう少しゆっくりしたい

でも11時までにはここを去らねば

 

続きを読む