遅れ馳せながらの冬キャンプ

 

週末に大寒波襲来というラジオのニュース。

カンパの文字が頭から離れない。

エルドフェルストーブに薪を焼べ、熱い鍋で、グラスを傾けている自分の姿が目に浮かぶ。

でも現実はどうだ。明日あさっての仕事に追われている身ではないか。キャンパーはカンパでカンパイなどと自嘲ぎみに喋ってみるのが関の山。

 

今年の夏は忙しかった。秋になっても忙しかった。そして冬が来てもまだ忙しい。忙しいのはほんとうにうれしいことだけど、このまま一年が終わっていいのだろうか。

 

行こうよ、キャンプ。

勇気をもって行こうよキャンプ。

なんだったら、パソコンかついで、向こうで仕事すればいい。

ああ~どうしよう。

ちゃんと、会社に出勤して、集中して仕事しようか。

キャンプにはいつだって行けるよ。それが一年後でもいいじゃないか。一年経ったらまた冬が来る。毎日ふぶきふぶき氷の世界の大寒波が襲来するさ。焦ることはない。まずは仕事だ。

 

そう強く心に決めたのに、気が付いたら、キャンプ場のような広い草原の真ん中に立っていた。

ここはどこだろう?などと、まことしやかに呟いてみる(笑)。

 

今日はこの大草原がボクの仕事場だ。

ちゃんとパソコンもかついできたし(のーとぱそこんだけど)。

がんばって仕事しようぜい(笑)。

 

木製のボックスからエルドフェルストーブを取り出す。

久しぶりのご対面だ。

もう少し早めに会いたかったね、ごめんな(笑)。

 

今シーズンもよろしく守っておくれ。

 

ほんとうに大寒波が来ているのだろうか?

北陸や北日本は大変なことになっているらしいけど、太平洋側のこっちは穏やかな冬の一日。時折吹く風は緩やかで、太陽の光の暖かさを優しく感じる。

今日は絶好の焚火日和だな。こんな日は何にも考えず、ただのんびりと焚火をしたいものだ。ほんとうはね。

 

さあて、しっかりしてくれよ、テントの設営が終わったら夜まで仕事だぜい。

 


****************************************************

今宵の月。おしいな、もうちょっとで満月だ(笑)。

 

雲が一片もなく、どこまでも澄みきった冬の夜空。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕げの支度に立ち上る煙。

キャンプをしている実感がこみ上げてくる。

 

毎週来ようかなここに、パソコンかついで(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーブの薪は、今年4月に本栖湖で使ったナラ材の余り。

ひと夏を越え、さらに乾燥した薪はよく燃える。

テント内の空気が、あっと言う間に暖まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の夕飯。

せっかくストーブがあるんだから、ダッチオーブンで鍋にしよう。地鶏の塩鍋。締めはうどんだ。

 


テントの外は真冬。

テントの中は真夏。

 

冷たいビールがうまい!

 

Tシャツで汗をふきふき冬キャンプ。

ほんまに幸せだ(笑)。

 

でも、薪が燃え尽きた翌朝。

眠りについた時はハワイでも、

朝目覚めるとそこはアラスカ。。。

油断禁物。

 

 

****************************************************

 

キャンプでの読書にKindleは実に重宝する。

キャンプといえば、ボロボロの文庫本のイメージだけど、目の衰えには逆らえず、最近は無理をしないでKindleにたよっている。自分が所有しているKindleはPaperwhiteなので、読書しかできないが、むしろ手頃なサイズで持ちやすい。それと、モニターだから当たり前だけど、暗闇で読書ができるのは、キャンプにとって一番の強みだ。

最近ニューモデルが出たみたいだ。

 

 

 

 

 

今年もあと2週間ちょっと。もう一回くらいキャンプしたいな。その気になれば絶対できるさ。平日は寝る間を惜しんで仕事をし、週末はキャンプ場でずっと寝ていればいい(笑)。

 

さ、次回のために薪を用意しておかなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森のまきば に戻る

最近の記事 に戻る