青蛙、成田詣でのゆめ牧場

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

 

冬眠から目覚めた青蛙がじっとこっちを見ている。

テントを設営している時、突然現れた。

何か言いたげにじっとこっちを見ている。

そうか、お前も初詣に行きたいのか。

 

 

毎年、初詣は千葉の成田山新勝寺と決めている。

どんなに遅くても1月中には済ませていた。

でも、今年はもう4月になってしまった。4月どころか、G.W.はもう目の前だ。4ヶ月分のご利益を棒に振ってしまったことになる。

 

と言うことで、中途半端にスタートしてしまった一年を正常に戻すべく、今週はためらわず一路千葉成田に向かおう。

 

ま、せっかくだから、成田山の近場でキャンプしようか。

と言うことで、まずは、成田山ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場を目指すことに。

何と言ってもファミリーキャンプ場。G.W.前と言えど、大勢のご家族に囲まれてのキャンプは必至。肩身の狭いソロキャンパー。出来るだけ人目につかないところで、しかもロケーションがまずまずの寝床を確保したいものだ。そのためにはファミリーよりも早めに到着し、すばやくテントを設営しておこう。出来れば土曜日のうちに新勝寺の参詣も済ませたいものだ。

 

冬眠から目覚めた青蛙がじっとこっちを見ている。

何か言いたげなのかは分かる。

そうか、お前も初詣に行きたいのか。

え、今から?

違うよ、明日だよ。

酒飲むか?

ゲコ。

 

 

実は、出発の土曜日の朝、疾風のごとく早朝の高速を走っている予定だったが、一週間の疲れが溜まった身体は容易に目覚めてくれなかった。簡単に言うと寝坊、笑。

 

で、今日はキャンプ場に向かうのが精一杯で、成田詣では翌日に延期。4ヶ月もご無沙汰の怠慢さに、罰当たりの数をまた1個増やしてしまった。。。

 

と言う訳で、今さらソロキャンにベストな場所などあろう筈がないと、期待せずにノコノコと到着。

 

 

 

あれ、やっぱ空いているじゃん。

 

実は、横浜を出る時に一応電話で確認しておいた。管理人さんは、今日は大丈夫ですよ、お一人さまですよね、充分に空いてますよと優しく応えてくれた。でも、テントの海原に僅かな小島があればソロOKと思われているのかも知れないと、全然期待はしていなかったがホンマに空いてる。

 

まだ、成田山の不動明王様に見捨てられていないのかも。

 

 

 

 

ま、これだけ敷地が広ければ、そりゃあ空いてますよと納得するが、G.W.、夏休みにはここがいっぱいになるそうだ。すごいなあと、改めて草原を眺めてゾッとする(笑)。

 

静かな冬のキャンプはすでに終わってしまった。

 

今は、混乱と混沌と喧騒の夏キャンプに確実に向かっているのだ。どこもかしこも。

 

 

 

 

 

ま、今回の本来の目的は成田山詣で。

 

今日はゆっくりくつろいで、明日は午前中に成田山に向かおう。

 

新勝寺はここから車で30分足らずだ。

 

 

 

 

 

 

****************************************************

 

さすがに、ファミリーと銘を打つキャンプ場だけあって、女性や子供たちが安心出来そうな優しい雰囲気のキャンプ場だ。

管理棟も他の設備も清潔で(シャワールームはチェックしていないが)、若いスタッフもしっかりしているようだ。

 


 

昼間は隣の施設で動物たちと触れ合い、夜はこちらでキャンプ。

小さい子どもたちは楽しいだろうな。

 

ま、一番楽しいのは、子どもの笑顔を見てホッとしているお父さんかな。

 

ここは、桜のお花見の季節も大賑わいだそうだ。

 

今年はもう終わっちゃったけど。

 

 

****************************************************

 

 

で、今宵のお酒のつまみ。

 

先日、コンビニで見つけた本「男の缶詰つまみ」が面白かったので、今日はそれを実際に試してみようかと(笑)。

前回の記事の「さばキムチ」もこの本による。

 

まず、「あさりとオリーブのレモンガーリック」。

 

オリーブの水煮缶が手に入らなかったので、とりあえずスーパーで見つけた赤ピーマン詰めスタッフドオリーブを使う。缶詰よりちょっと高価になってしまったが。

 

 

本のレシピ通り、あさりの缶汁をよくきってオリーブと混ぜ、オリーブ油、乾燥ガーリックスライスと一緒にあえ、レモン汁を加える。

 

これ、旨いっすね(笑)。

 

ワインを持ってくればよかったな。惜しいことをした。

 

 

 

 

 

 

もうひとつ。「かきのスモークつまみ」。貝づくし(笑)。

 

かき燻製缶の缶汁をきり、レモン汁とタバスコを加える。

 これも実にいい(笑)。タバスコが効いてる。

 

普段缶詰を食べると、味が濃すぎる感じがするが、キャンプで食べるとちょうどいいもんだ。缶詰と他の食材のコラボはしばしばやってみるが、缶詰同士を組み合わせたりすることはあまりしなかった。うまい組み合わせとひと手間の工夫で、なかなか豪華な味になる。文字通り外食している気分だ(笑)。

 缶詰つまみは病みつきになりそうだ。またやろう。

 

 

で、夕飯は、レトルトのグリーンカレーとうずらの水煮。

これも本に載っていたけれど、自分もたまに食べていた。

 

レトルトの袋を開け、うずらのタマゴを入れて一緒に温める。

辛いカレーがうずらのタマゴで緩和されてマイルドな味になる。

今回、激辛だったので本当にタマゴに助けられた(笑)。

 

 

 

 

 

 

白飯は、やはり「菊花ごはん土鍋」を使用。

この土鍋で炊くと本当に簡単で旨い。

7分で沸騰して、はい出来上がりになっちゃうのが最高だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、今シーズンの薪ストーブはおしまいだな。

余程の高地にでも行かない限り、朝晩の冷え込みは、Tentipi9のサイズでもトヨトミの灯油ストーブで耐えられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

****************************************************

 

 

翌朝、成田山新勝寺にAM11:00に到着。

時期が時期だけに、正月と違って出店も少ないし、どの場所でも人が列を作ることもなく閑散としている。

このような新勝寺は初めてだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと、昨年のお礼と、今年の抱負を伝えよう。

 

神頼みは、自分の決意の再確認。

全ての結果は自分次第。

 

と分かっていても、めちゃくちゃ力を貸してくださいと、神様が覚え切れない程のお願いを用意してきた(笑)。

 

 

 

 

 

 

あれ、お供の青蛙はどこに行ったんだろう。

 

成田新勝寺へ一緒について来た彼は、ここで忽然と姿を消してしまった。

 

どこに行ってしまったんだ、青蛙。

 

 

 

 

 

 

****************************************************

 

成田山新勝寺の初詣が終わり、石段を下りると、偶然にも成田の町はお祭りだった。交通規制が敷かれて、山車が狭い表参道を、木車をゴリゴリと鳴らしながら練り歩いていた。

 

成田に毎年通っていても時期が違うので、こういったお祭りがあることさえ知らなかった。タイミングが良かった。

 


 

このお祭りをしばし眺め、そろそろ帰宅すべく駐車場に向かう。

 

これで、2014年のスタートが、ようやく切れたような気がした。

 

今年も頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

 

千葉方面 に戻る

最近の記事 に戻る