ブルーリッジのピクニックテーブル

●テーブルとチェア テーブル


 

せめてキャンプぐらいは、ましてやソロなのだから、人目を気にせず安心してダラ~と力を抜きたい。そうなると、自然に身体は地面に横たわる。と言っても、寝てばかりも居られない。食事を作ってお酒を飲んでのんびりしたい。出来れば地面に近いロースタイルで。

 

であれば、ローテーブル。

現在自分が愛用しているテーブルは、ブルーリッジのピクニックテーブル。自然にマッチするアッシュ素材の木肌が優しく、ソロキャンとしては贅沢過ぎる天板の広さ(実際は2人用 笑 )。

 

ブルーリッジには、もう少しローサイズのカロライナ スナックテーブルもあるが、ピクニックは、何と言ってもユニフレームの「焚き火テーブル」とほぼ高さが一緒と言うのが魅力。

ローチェアに座りながら、必要なものに手が届く3畳間一人暮らしのようなレイアウトで調理したいので、この二つのテーブルの組み合わせはとてもバランスがいい(笑)。

ピクニックの高さは38cm。焚き火テーブルは37cm。

 

ピクニックの収納は、脚4本と固定用の板2枚を天板でロール状にまるめてコンパクトに収納。

 

 

4本の脚はねじ込み式なので、組み立てはしごく簡単。

 

 

ローチェアと組み合わせ、座ったまま調理をする。そしてそのまま食事をし、ゆっくり休める。3畳ひと間のコンパクトなリビングダイニングキッチンだ(笑)。現在、Tentipi9テント内はいつもこのスタイルで落ち着いている。

 

 

《 商品の仕様 》

●メーカー:Blue Ridge Chair Works (ブルーリッジチェア

                 ワークス)

●商品名 :Parkway Picnic Table(パークウェイピクニック

                 テーブル)

●カラー :ナチュラル

●サイズ :約38×56×71cm(H×W×D)

●重量  :約4Kg

●素材  :アッシュ(タモ材)オイルフィニッシュ

 


にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ