まどろみキャンプ

新戸キャンプ場

 

昼過ぎから雨予想の新戸キャンプ場。

降り出したら今日はひと晩中降るみたいだ。

さっそく物干し竿のタープの出番がやってきた。

道志川の流れとタープに当たる雨音を聞きながら今日一日を過ごそう。

 

でも、午後1時になっても、3時になってもいっこうに降る気配がない。

タープの下でずっと雨を待ってるみたいだ。

思わずうとうとと寝入ってしまう。

 

川の向こう岸は青野原。

家族連れが目立つ。けっこう奔流の道志川。

子どもの歓声が、川の流れにかき消されながらも聞こえてくる。

 

それと対照的に、

こっちは一人もんか二人連れが多い。

これは偶然なんだろうか?

 

 

翌日の雨上がりの撤収を考えると憂鬱になるので、今日は車中泊にしよう。

車中泊、まだ眠れないほど暑くはないし、もちろん寒くもない。

ただ、天井が低いので、前後の方向転換がちょっとしんどいだけだ。

 

結局、局地的な豪雨は新戸キャンプ場をかすめるように去っていった。

夜中に降った雨はわずかで風もおだやかだった。

 

道志川のほとりで、予約なしのソロキャンプ。

適当なサイトを見つけてタープを張る。

腹が減ったら適当に料理を作る。

まどろみながら、日がな一日ぼんやり過ごす。

 

翌朝は6時に起きて、ブランパンとコーヒー。

コーヒーは2杯飲んで8時半にチェックアウト。

こんなキャンプ、悪くない。

    

 

 

新戸キャンプ場 に戻る

道志方面 に戻る

最近の記事 に戻る