ハスラーをキャンプ仕様に~テーブル

ハスラー

 

新型ハスラーMR52S

キャンプ仕様に改造してみる。

改造と言っても

いつでも取り外しが出来るように

そう、あまり頑張らない程度に。

 

現在所有しているものとか

市販のものを組合せ

思わぬシンデレラフィットに期待しながら。

 

今度はテーブルを取り付けてみる。

 

結果、こんな感じになった。

 

 

取り外して車外で使用。

 

 

車内での使用は一般的な設置方法。

Z型と凸型の金具を噛ませて取り付ける。

ラゲッジ両脇のボトルキャップをはずして

M6サイズのZ型の金具を取り付け

テーブルには凸型の金具を取り付ける。

 

 

で、問題は車外。

テーブルをどうやって車と連結させるか。

 

うまいことにスノコの下側に隙間があった。

そこにテーブルを出し入れすればいい。

差し込んでもグラグラしないように

テーブルの厚さと幅に合わせて

隙間の寸法を調整する。

 

 

テーブルの支え棒は木の丸棒と決めていたが

固定金具の規格とサイズが合わず

ネジ止め付きの金具を購入。

ネジを絞める煩わしさがあるが

がっちり固定出来るので安心だ。

 

この投稿をInstagramで見る

kawasemi(@kawasemilogue)がシェアした投稿


 

 

最近の記事 に戻る

ハスラー に戻る